ホーム>塾長ブログ>コラム>個別指導塾と集団塾の違い
コラム

個別指導塾と集団塾の違い

勉強と部活を両立させるのは大変です。そのため学力を落とさないように、塾に通わせようとお考えの方もいらっしゃるかと思います。塾によって指導方法が異なり、お子様の学習意欲も変わってきますので、本人に合った塾に通わせるようにしましょう。こちらでは集団塾と個別指導塾の違いについてご紹介いたします。

 

集団塾

集団塾は7人以上の生徒と講師で構成される従来の塾スタイルです。最近では、プロ講師によるレベルの高い授業を行うところが増えてきており、それに参加する生徒も比較的学力が高いことが多いです。大人数のため、互いに競い合うことができますので、負けず嫌いの子にはピッタリです。しかし、人数が多い分講師が1人ひとりの様子を確認することが難しく、生徒が内容を理解できないまま授業が進んでしまうということもあります。

 

個別指導塾

個別指導塾はマンツーマン指導、または講師1人に対して生徒が2~3人という形式の塾になります。生徒1人ひとりの様子を確認することができ、その子に合わせた指導をしていきますので、しっかり学ぶことができるでしょう。

多くの学力が必要とされる高卒認定試験、大学受験を控えている方におすすめです。また、急な用事や体調不良で塾に行けなくなったというときも、授業が進んでしまいついていけなくなるという心配がありません。違う日に指導を受けることも可能ですので、都合に合わせて学ぶことができます。

 

新潟県にあるCompass学習塾では、小学生・中学生・高校生を対象に、個別指導を行っています。1人ひとりにオリジナル学習計画を立てていますので、部活動との両立が可能となっています。授業のない日も利用が可能な自習スペースも設けておりますので、お子様の集中できる環境をとして、自由にご利用いただけます。

また、ICカードリーダーで入退室を行っており、ご希望の方にはお子様がいつ入室、退室したのかをメールでリアルタイムにお知らせいたします。安心して塾に通わせたいという新潟県にお住まいの方はぜひご利用ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.compass18.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/14