ホーム>塾長ブログ

塾長ブログ

弱点を見つけるなら個別指導塾

教室や教科書、授業内容は同じなのに、各教科ごとに行なうテストの点数はクラスメイト全員が同じではありません。高校生ならほとんど同じ学力の子どもたちが集まっているはずですが、どうしても成績に差がついてしまいます。成績トップの学生との違いは、いったいどこにあるのでしょうか。

 

苦手な教科=弱点?

小学生の頃は楽しかった教科が中学生になってから難しくなり、少しずつ苦手意識を持ち始め「苦手だな」と思ったときから、勉強自体が好きではなくなるケースがあります。

このケースは、教科が難しいから苦手になったのではなく、勉強方法が分からないために起こる問題です。基礎学力が現在の学年について行けていないため、一度つまずいた問題を放置して次の問題を解こうとしても分からないのは当然です。つまり、「苦手な教科=弱点」ではなく「勉強方法が分からない=弱点」なのです。

 

弱点が見つかりやすい環境

インプットした勉強方法は、アウトプットできて初めて、本当の理解力を得たということに繋がります。
真面目に授業を受けていても、きちんと理解していなければ「学習したつもり」になってしまいますので、まずは自分が抱える課題の確認が必要です。

そのためには、分からない部分を納得の行くまで質問するのがベストですが、学校の授業や集団の中では質問し辛いという問題があります。このような場合、1人ひとりの学力に合わせた個人別カリキュラムを取り入れる環境、個別指導塾がおすすめです。個別指導塾で分からないポイントを克服し、繰り返し頭にインプットすることで、応用問題を解く際に勉強した内容をアウトプットできます。

 

個別指導専門のCompass学習塾

新潟県燕市にあるCompass学習塾は、小学生・中学生・高校生を対象に個別指導を行っております。個別指導を専門としていますので、大学受験に必要な高卒認定や大学受験対策にも対応しています。自習スペースは授業のない日でも自由に使えますので、互いに教えあうことでインプットとアウトプットができ、反復学習に役立てられます。